国家公務員1種試験2

国家公務員1種試験の受験資格は
試験実施年度の4月1日現在において
21歳以上33歳未満の者で大学を卒業している、
もしくは大学卒業の見込みがある方が対象になり
日本の国籍を有しない者と国家公務員法第38条の規定により、
国家公務員となることができない者以外の方が
採用試験を受けることができます。

専門試験の区分としては法律、経済、人間科学I(心理系)、
人間科学U(教育・福祉・社会系)、
理工I(一般工学系)、理工U(数理科学系)、
理工V(物理・地球科学系)、理工W(化学・生物・薬学系)、
農学I(農業科学系)、農学U(農業工学系)、
農学V(森林・自然環境系)、農学W(水産系)の
13区分の試験から1区分を選択する形となります。

試験期日は毎年5月上旬に1次試験が行われており
2次試験に関しては5月下旬から
6月上旬にかけて行われています。

1次試験として教養試験
(公務員として必要な一般的な知識および知能について)と
専門試験(専門的知識、技術などの能力について)があります。

その後2次試験として
専門試験(専門的知識、技術などの能力について)、
総合試験(総合的な判断力、思考力などの能力について)
そして人物試験として
最後に人柄などについての個別面接が行われます

1次試験は全国24都市で行われており
2次試験は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、
広島、高松、福岡、那覇の各都市で行われています。

国家公務員1種試験

国家公務員1種試験とは
文部科学省、国土交通省、農林水産省、
厚生労働省、財務省などの
各中央省庁で働く上級係員の採用試験のことをさします。

この国家公務員1種試験の採用試験は
最難関の国家試験の一つであるともいわれているほどですが、
各省庁の幹部候補を採用する試験なので
合格者の将来はきわめて明るく、収入も安定しているのに加え
退職後は政府関係特殊法人の理事や
民間企業の役員として迎え入れられる可能性も高いといわれています。

国家公務員1種試験合格者は
エリートとして採用後、数年で責任のある仕事を任され、
大臣に次ぐ重要ポストである
事務次官にまで昇進する可能性があることからも
非常に難易度も高く設定されているのですが、
責任ややりがいの大きさということからも
人気のある職種ともいえます。

しかし最近では官僚の社会経験の乏しさや、
出身校の偏りなどが、学歴社会の問題と絡めて
批判されることが多くなってきています。

合格率5.5%でもある国家公務員1種試験。
採用されると入省後3年で係長に昇進することもある
幹部への最短の道でもあるといわれていますが
経験不足が指摘されているため
今後は変更されていく可能性もあります。

図書館司書の講習内容

司書の講習内容は多岐に渡っており
生涯学習概論、図書館概論、図書館経営論、
情報サービス概説、図書館資料論など
12科目18単位で実務経験などにより
単位の一部免除などがありますが
詳細は日本図書館協会から情報を得ることができます。

図書館職員の採用試験は
図書館設置者が実施するので、
採用に関しては、各図書館や採用試験実施機関へ
問い合わせることで詳細な情報を得ることができます。

また司書補は生涯学習概論、図書館の基礎、
図書館サービスの基礎、レファレンスサ−ビス、
情報検索サービスなど11科目15単位を
取得する必要があります。

受講に関しては文部科学大臣が委嘱する
大学にておこなわれるのですが
講習実施大学名、講習期間などは
文部科学省のホームページで公開されています。

また司書の受講料の費用は
大学によっても違いがあるのですが
おおよそ10万円程度と思っておけば間違いないでしょう。

現在の司書の収入はほとんどの場合、
一般事務職程度であり、特別な待遇は行なわれておらず、
また仮に合格したとしても図書館で勤務できず、
一般職で待機する場合もあることから
なかなか司書として勤務することは難しいともいわれています。

詳しい情報をお知りになりたい方は
各図書館設置者に採用に関する問い合わせという形で
情報を提供してもらうのが確実でしょう。

資格試験や検定試験総合ネットHOMEへ